交通事故における素因減額問題 第2版
著者 小賀野晶一・栗宇 一樹・古笛 恵子
出版社 保険毎日新聞社
発行日 2020年8月29日
体裁・価格 本体4800円/税込5280円/送料495円(税込)/B5判/476ページ
注文ページへ
 本書は、交通事故の損害算定実務に精通したベテラン実務家が、平成10年以降の素因に関連した裁判例1175件の素因内容を具体的に分析・検討し、素因法理の実態を探った実務解説書。
 裁判例を、頚部素因、腰部素因、上下肢の素因、眼・耳・脳・循環器などの体質的素因、うつ、統合失調症、神経症、心身症、解離性障害などの心因的要因、さらに素因減額否定例や因果関係否定例に分類し、素因項目ごとの最新分析を行っている。
また、それぞれの裁判例について、「自賠責認定・裁判所認定」、「減額率」、「素因の内容」、「裁判所の判断」を一覧表にし、大変見やすい構成となっている。
 交通事故の損害算定を行う紛争担当者にとって指針となる、有益な一冊である。



■本書の内容:
第1編 理 論 編
第2編 実 務 編
第3編 裁判例編
第1章 体質的素因
第1節 頚部素因
第2節 腰部素因
第3節 上下肢の素因
第4節 その他の体質的素因
第2章 心因的要因
第3章 素因減額否定例
第4章 因果関係否定例